A-SWEETS

親子五代のりんご農家 成田農園

りんごの木は大地に根をはり、太陽に向かって枝葉を広げ、20年の歳月を経て一人前の木になります。
青森市の西側に位置する浪岡地区・成田農園のりんごは明治37年(1904)から栽培が始まり、青森の厳しい風土のなか、祖先の知恵と情熱によって守られながら親子五代にわたりりんご農家を営んでいます。
園面積200アール・約700本のりんごの樹を栽培し、農薬を極力減らして栽培するエコファーマー認定農家です。
成田さんは規模を小さくすることで丁寧なりんご作りをおこない、できる範囲でお客さまにりんごを手わたし、お客さまとふれあうことでりんご作りの励みにすることを想っています。
大きな農場ではなく、消費者の顔が見える「小さなりんご農家」を目指しています。

関連記事一覧