あおもり生プリン

日本一きれいな星が見える町の薄緑色の卵

1992年に環境庁より「日本で一番星がきれいに見える町」として発表された、日本一空気が澄んだ緑豊かな町「田子町」にて長年養鶏業を営んでいる「田子たまご村」
そこで生まれた薄緑色の貴重な卵「緑の一番星」は青森県畜産試験場で開発されました。この卵の特徴は、卵黄が一般の鶏卵に比べて大きくて甘いこと。
「田子たまご村」では飼料に、田子町特産で知られるにんにく、荏胡麻、桑の葉、木酢液、現在注目されているアスタキサンチン等を、また、水道水を使わず山奥から湧水をひき、常に新鮮な水を与えております。抗生物質などはいっさい与えずに鶏の健康と環境に常に気を配って生産するという徹底ぶり。
「あおもり生プリン」の濃厚な旨みが口いっぱいに広がるのは「緑の一番星」を使っているからです。

関連記事一覧